楽焼 お取り扱いについて

楽焼は、引き出しという技法により、焼き締まる前に窯から取り出すため、柔らかい手触りを大きな特徴といたします。
その反面、強度や湿気など、お取り扱い頂く上で、ご理解いただきたい部分がございますので、どうかご留意ください。

≪丁寧な取り扱いをお願いいたします≫
楽焼は柔らかい手触りを特徴としますので、破損しやすい焼物です。食器としてご使用いただく場合も、丁寧に取り扱いいただきますようお願いいたします。

≪酸・アルカリについて≫
元々楽焼は、鉛を釉薬として用いていたため、酸やアルカリにより、表面の変色などがございました。現在は、耐酸釉薬や焼成方法の改良により、改善されました。ただ、末永くご使用していただきますためにも、オレンジなどの柑橘類や、レモンや酢飯などの、酸性物資の使用は控えてください。また、食器洗乾燥機の洗剤はアルカリ性のものが多く、表面劣化の原因となりますので、ご使用後は手洗いで清めていただきますよう、お願いいたします。

≪湿分について≫
楽焼は、湿気を溜め込みやすい焼物です。ご使用後は、十分に乾燥させてください。特に、木箱などに仕舞われる場合は、風通しの良い場所で数日間乾燥させてください。乾燥が不十分の場合は、臭いの原因となる場合がござます。

≪楽焼お茶盌について≫

楽茶碗は、湿分を含みやすいため、取り扱いには十分にご注意ください。
『使用前』
使用前には、茶盌を30秒程度、清潔な水につけてください。特に、初めて使う場合は、数分間水につけることをお奨めします。これにより、皮脂による汚れの付着を防止することができます。
『使用後』
十分に乾燥させることが、とても大切です。
楽茶盌は、荒い土でできているため、無数の小さな空洞が残っており、これにより、湯の熱を吸収し、温かさを保つことができるのです。
しかし、この無数の空洞があることにより、湿分が溜まりやすい特性がございます。そのため、使用後は、乾燥した風通しのよい場所で、十分に乾燥させてから箱にしまっていただきたい。
湿気を含んだ状態で、箱にしまうと、湿気による臭いを発生することがございます。このようになってしまった場合は、毎日のように茶を立てれば、臭いの発生を取り除くことができます。また、当窯にご持参いただきますと、必要な対策を行い、返却させていただきますので、お気軽にご連絡ください。